葉っぱやグループ

  • HOME
  • ブーケレタス
  • 品質
  • 製品
  • 成分表
  • レシピ
  • 葉っぱやガーデン
  • 会社概要
  • スタッフブログ

〒290-0207
千葉県市原市海士有木1694-7
TEL 0436-36-8888
FAX 0436-36-1381
info@happaya.co.jp


有限会社葉っぱや

葉っぱやガーデン ブーケレタス誕生秘話

葉っぱやガーデン

【水耕栽培とは・・・】

水耕栽培は養液栽培とも呼ばれ、土を使う替わりに固定の培地や、水の中に根を張らせ、 必要な養分を含んだ培養液を与えて栽培する方法です。連作障害(注1)などの心配がなく、 作物の栄養状態を管理出来るというメリットがあります。土埃が葉や根に付着することがなく、 高品質な農作物をお届することが可能です。 この水耕栽培のノウハウを生かして自信を持っておすすめできる家庭用・オフィス用の水耕栽培キットが 「葉っぱやガーデン」です。
こちらのキットが完成するまでには、色々なことがありましたが(開発秘話・こだわりを参照)、現在では キットが到着したら、LEDライトと水中ポンプ用のコンセントを入れ、水と肥料を「養液タンク」に入れ、 苗をセットするだけで、簡単に水耕栽培ができるようになっています。
(注1)・・・同じ畑で同じ種類の野菜を毎年栽培したときに生育が極端に悪くなったり、枯れたりすることがみられる生育障害のことです。

【こだわりのLED、水中ポンプ】

一般的に植物には<青>と<赤>の光源が必要と言われそれぞれに役目があります。
(青には葉の形成、赤には細胞分裂の役目があります。)
特に赤が適切な波長でないと、思うように植物が成長していきません。弊社のオリジナルLEDは植物に有効な波長をもつ特別なLEDを使用し、日光の少ない場所でも生育が可能な場所で実験を繰り返し、製品とすることができました。
また、養液を循環させる為に使用している水中ポンプは、高性能でコンパクトなものを 使用しています。まるで水辺のせせらぎの様な癒しの音色が奏でられます。

【液体肥料】

水耕栽培で最も重要となってくる養液、これは実際に農場で使用しているものと同じ成分を 使用することで、これまでの水耕栽培でのノウハウが生かされてきます。
まず植物に適したEC(注2)・ph(注3)というものがあります。 葉っぱやのお勧めする養液は、実際に農園の現場で使用している養液であり、一定量の水に 定量の肥料を加えるだけでこのEC・phが最も良いバランスとなる仕組みとなっています。
使用している肥料は単肥と言われ、幾つかの種類の肥料を水に溶かし作り上げます。

<内容> ・硝酸カリウム ・硝酸カルシウム ・第一リン酸カリウム
       ・第一リン酸アンモニウム ・硫酸マグネシウム ・微量要素
これらの単肥を水に溶解し、酸性とアルカリ性の2種類の肥料養液を作ります。
出来あがった2種類の養液を水に混ぜることでベストなEC・phが出来あがります。
(注2)EC・・・・一般的には通電値、肥料濃度を表します。
(注3)ph・・・・一般的に酸度を表します。

【ミニ野菜工場?】

これら植物育成に優れたLEDライト、液体肥料そしてNFT(注4)という水耕技術を取り込んだ 循環型の水耕キット”葉っぱやガーデン”。 密閉型ではありませんが、家庭やオフィス、またはレストランなど人間が過ごせる環境であれば、 太陽光が少ないところでも農家のプロが認める野菜やハーブ等が簡単・手軽に育てる事が可能となります。 まさに”ミニ野菜工場”と言える性能を備えたキットといえます。

(注4)・・・NFT(Nutrient Film Technique)は、薄膜水耕(はくまくすいこう)とも呼ばれ、 緩やかな傾斜を持つ平面上に、 培養液を薄く(少量ずつ)流下させる水耕栽培の一種。水深が浅く、根への酸素供給が容易であることが特徴。

【葉っぱやガーデン】

これまで培ってきたブーケレタスや30年間営んできた水耕栽培のノウハウを生かして、コンパクトな養液循環式の水耕栽培キット”葉っぱやガーデン”ができあがりました。 小さな子供の食育や新鮮でとれたての野菜、また緑に触れる癒しの効果。植物育成機能を持ちながら 幻想的な発色を醸し出す光源。味覚、触覚、聴覚、視覚と様々な感覚を養ってくれてる新感覚商品です。

消費電力 LEDライト 8W 大きさ
(LEDライト含む)
45.5cm
水中ポンプ 6W/5W
(50Hz/60Hz)
15.0cm
    高さ 42.5cm

小さなキットに水耕農家の全てのノウハウが集約されてます。

料金など、詳しい資料のご請求は資料請求フォームよりお申し込みください。